ファミマの早期退職に応募殺到だってさw

スポンサーリンク

ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側

コンビニエンスストア大手ファミリーマートの早期退職に応募が殺到している。当初は800人の枠だったが、想定以上の“人気”ぶりに本社は募集期間を当初の2月10日~21日から前倒し、2月3日~7日と期間も短縮した。

19年末時点で早期退職への応募意向を示した社員が1100人を超えたとのことです。そして1月には1500人近い社員が早期退職への応募意向を示しているとのことです。

最高で2000万円になる退職金に目がくらんだのかなぁ?大手企業にしては特別退職金が多いとは言えない気がするので、もしかしたらファミマ自体がヤバいと察した嗅覚の鋭い従業員が多数応募しようとしたのかもしれませんね。どうやら親会社の伊藤忠が幅を利かせすぎてプロパー社員の居場所がなくなったようです。

今回のファミマの件の酷いのは、最初は退職金をはずむから早期退職に応募してくれと言っておいて、応募者が想定以上になった途端に早期退職金の2000万円は払わないと言い出したことにあると思います。

私は趣味転職ということで肩たたきにあうまで働いたことがないのでよく分りませんが、リストラのための面談って大変みたいですね(他人事)。面談する側の人間は、面談をされる側の人間に何かされるのではと思わないのでしょうかね?

個人的にはファミマはポイントをネコババされたのでいい印象を持っていません。伊藤忠出身の人間が幅を利かせているのでプロパー社員に不満があるようですが、伊藤忠が親会社だから何の問題もないかと。それでも不満なら、プロパー社員がMBOして伊藤忠の人間を追い出せばいいのでは?

ファミマは今回の早期退職に関するゴタゴタもですが、社長のした年頭挨拶も笑えます。
「会社があなたに何をしてくれるのかではなく、あなたが会社に何をできるか考えてほしい」

自分で考えた上での年頭挨拶であればよく考えたなぁと思うかもしれませんが、ジョン・F・ケネディの大統領就任演説のパクリですw私の英語力は怪しいので誤っているかもしれませんが、このフレーズかなと思います。

「ask not what your country can do for you–ask what you can do for your country.」

著名人の有名なフレーズをパクるのはプロ経営者としてらしくないなwww

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント