身内が犯人だとは思っていたけど・・・

スポンサーリンク

死亡警察官を書類送検 8572万円窃盗の疑い、広島中央署金庫から

広島県警広島中央署で2017年に特殊詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、県警は14日、事件後に死亡した脇本譲警部補(当時36)を容疑者死亡のまま窃盗などの疑いで書類送検した。

この事件を見聞きした人のほとんどが身内が犯人だと思った事件ですが、事件が発生した2017年3月から3年近く経ってようやく被疑者が分かったようです。

ただ被疑者はすでに死亡しているため、真相が解明されたとは言えないかもしれません。

この被疑者ですが、ある意味凄いです。

生活安全課員として特殊詐欺事件の捜査に従事し、金庫に現金があったことを知っていた。9300万円の負債があり、3月26日以降、借金返済や競馬に原資不明の約8100万円を充てていたことなどから容疑者と断定した。

一般人にもかかわらず9300万円も負債を背負うことができるのは、警察官という信用があるから可能なのでしょうか?負債の中身が気になります。

事件が起きて時間が経たないうちに、犯人の目星はついていたのではと思います。直接的な証拠が見つからなかったから、事件から3年経ってしまったのでしょう。

新型ウイルス騒動であまり大きく取り上げられない感じですw

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント