初代K-1王者死す

スポンサーリンク

K―1初代王者ブランコ・シカティック氏死去、65歳…「伝説の拳」でPRIDEでも活躍

立ち技系格闘技「K―1グランプリ」の初代王者ブランコ・シカティック氏が22日に亡くなったことが23日、分かった。65歳だった。

私は子供のころからプロレスが好きで、毎週木曜日の朝に週刊ゴングを買い、高校の同級生と教室で一緒に見るのが楽しみでした。

ちょうど高校生の時に、正道会館館長だった石井和義氏が立ち技格闘技イベントK-1を立ち上げました。

そして1993年のGWに第1回のトーナメントが行われました。チケットは余裕で取れませんでしたw

有名な出場者としては、佐竹雅昭、モーリス・スミス、アーネスト・ホースト、ピーター・アーツがおり、ブランコ・シカティックは日本ではあまり有名ではなかった気がします。

アーネスト・ホーストやピーター・アーツはその後のK-1の黄金時代の中心選手として長きにわたり活躍しました。

第1回のトーナメントは、決勝でブランコ・シカティックがアーネスト・ホーストをKOで破り優勝しました。

以下がその動画になります。KOシーンだけ見たい場合は2:45くらいから見てください。


ホーストの倒れ方を見ると、シカティックのパンチがいかに強烈だったかが分かるかと思います。さすが伝説の拳です。

今の格闘技事情は全く分かりませんが、アーネスト・ホーストやピーター・アーツが頂点に君臨していた頃のK-1は間違いなく面白かったです。

そういえばK-1で活躍した人も結構亡くなっているなぁと、ふと思いました。

アンディフグは脂が乗り切った35歳で亡くなったので、当時は結構ショックでした。

アンディフグは急性前骨髄球性白血病という病気で亡くなったのですが、当時は予後が良くない急性前骨髄球性白血病でしたが、治療方法が確立され、今では急性白血病の中では最も治りやすくなりました。

1993年に第1回のK-1トーナメントが始まってから、27年も経つんだ・・・白髪も増えるはずだよw

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント