東京五輪は無理だろうなと

スポンサーリンク

京口紘人、コロナ陽性で世界戦中止 前日計量後に判明「本当にごめんなさい」…1日は陰性も

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(26)=ワタナベ=と京口のチーフセコンドの50代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したため、3日に大阪市のインテックス大阪で予定していた京口の3度目の防衛戦を中止すると発表した。

試合前日の検査で陽性反応が出たため、ボクシングの世界戦が中止になりました。

今回の試合は五輪関係者も注目していた試合だったようです。

今回は人数制限はあるものの、観客を動員する興行だった。コロナ禍に海外から外国人選手を招いた世界初の有観客興行として注目された京口―タノンサック戦は、来夏の東京五輪に向けた参考例になりうると、スポーツ庁など関係各所からも期待されていたという。

東京五輪がどのタイミングでPCR検査を行うのかは分かりませんが、世界中から選手が日本へ来ることを考えると、相当数の選手が試合前のPCR検査で陽性反応が出たため試合に出場できなくなる気がします。

陽性反応が出たとしても選手が試合に出場できないだけで競技自体は行われると思いますが、五輪は競技数だけではなく階級も多くあるため試合数で見ると膨大な数になるため、対応するには相当大変なことになるのは目に見えています。

五輪が開催されるとして、コロナ対策はどうなるのでしょう。

まずは選手及び関係者が入国の際に空港でPCR検査を行い陰性だったら入国し、試合直前にもPCR検査を行うのかな?

落ち着かかと思われたコロナですが、再び猛威を奮っており、今になって過去最高の感染者数を記録する地域が出ています。

現状を鑑みると来年の夏にコロナが終息しているとは考えにくく、東京五輪の開催は難しい気がしますよね。

今回のボクシング世界戦の中止となったことで、五輪の開催は諦めた方がいいと確信しました。

ただいきなり五輪は中止と言ったら多大な影響が考えられるので、影響が抑えられるような中止の仕方を考えているのでは思ったりしています。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント