2020年の競馬界は初物尽くしで凄かったなぁ

スポンサーリンク

ついに白毛馬がJRAのG1を制しました。

ソダシは3戦3勝で重賞2連勝で挑んだ阪神JFで、持ち前の勝負根性を発揮してサトノレイナス以下を封じました。

それなりに強いとは思っていましたが、まさか勝つまでとは思っていませんでした。

私はサトノレイナス本命で対抗をメイケイエールとしていました。ソダシは大崩れはしないけど切れ味勝負は不利と考え、3番手と思っていました。

切れ味がなかったのは当たっていましたが、想像以上に勝負根性があって驚きました。

予想は外れたけど、レースは感動しましたね。

ソダシはサンデーサイレンス産駒だった白毛馬のシラユキヒメが基になっており、キングカメハメハを種付けしてブチコが産まれ、ブチコにクロフネをかけて産まれました。

白毛馬であっても1流種牡馬を種付けし続ければ、昨日でなくてもやがてG1馬が生まれたことでしょう。

タイトルにも書きましたが、2020年はまだ終わっていませんが競馬界にとって初物尽くしだった1年に違いないでしょう。

まずはデアリングタクトが無敗の3冠牝馬となりました。これままでも3冠牝馬はいましたが、無敗の3冠牝馬は初めてです。

そして同じ年に牡馬と牝馬の無敗の3冠馬が生まれたのも初めてです。

さらにこれまで芝G1は7勝が最高でしたが、アーモンドアイが天皇賞・秋に勝ちG1の勝ち星が8つになり、引退レースとなったジャパンカップにも勝ち、G1勝利数を9にして引退しました。

ちなみにアーモンドアイの引退レースとなったジャパンカップですが、コントレイルとデアリングタクトも出走しており、3冠馬が3頭出走したレースも初めてでした。

締めは昨日の阪神JFでの白毛馬ソダシのG1勝利でした。

競馬界にとっては忘れられない1年になりそうですね。

コロナがあったため今年はいい1年だったとは言えませんが、競馬に関しては非常にいい1年でした。

来年は競馬界だけではなく全てにおいていい年になってほしいな。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

競馬
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント