面接に行ってきました(その1)

スポンサーリンク

総資産は最悪期からみると回復していますが、毎月6万円程度の現金が出ていっているので多少不安になったりします。

そして今年は車検があるので10万円まではかかりませんが、それなりの出費が予定されています。

ということで2021年の目標の1つに「(1)何でもいいので仕事をする」としていることもあり仕事を探しております。

と言っても求人に応募して面接に行っているというわけではなく、求人サイトに適当なワードを入れて検索している程度です。

仕事をするにあたっては以下のような条件をつけて探しています。
・正規雇用でなく非正規雇用にする
・週4日程度の勤務
・社会保険にギリギリ加入できる程度の時間や給料
・ガソリン代節約のため交通費を支給あり

4つの条件をつけた理由は以下のとおりです。
・正規雇用だと病気の話をしないといけないし、病気を理由に仕事が見つからない恐れがあるから。そして病気のことを隠して正社員に採用されたとしても、健康診断で手術跡を見られたらバレるし、入院することになったら傷病手当の兼ね合いで病名を伝える必要があるため、いろいろ面倒なことになるからです。
・週4日程度の勤務の理由は、ただ単に仕事をしたくないからw
・社会保険に加入できる程度に働くというのは、給与から天引のほうが精神的にいいから。
・交通費を支給に関してはガソリン代節約以外には特にないですね。私の車の燃費だと、交通費で日常生活のガソリン代まで結構な割合で賄うことができるため。

ゆる~く求職活動を始めてようやく条件に合致した会社があったので、応募してみました。Indeedを使って仕事を探していたので、Indeedから応募しました。

応募する際に必須資格と経験ありを書いたらすぐに連絡があり、面接が決まりました。

面接場所がわからないので地図を送ってくれってメールをしたら、非常に分かりにくい地図が送られてきて困りましたが、調べてどうにか面接会場に行くことができました。

面接は1対2で行われ、相手側は採用担当と責任者の2人でした。

履歴書を相手側に渡し、履歴書に沿って質問がありました。その質問に対し私が答えていきました。

非正規雇用での応募ってこともあり相手側からの質問も特に厳しいものはありませんでした。

しかし面接がある程度進んだところで採用担当から想定外のことを言われました。

「ひとそれぞれ働き方に関しては考えがあると思うけど、それだけ資格も経験もあるんなら正社員で応募してみない?」

今までの質問に対してはそつなく答えてきましたが、これに対しては一瞬答えに詰まりました。想定外の質問だったので、どう答えるのがいいのか迷ったのです。

ちょっと長くなってしまったので続きは明日以降に書こうと思います。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

仕事関係
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント