45歳定年制導入であんたもクビよ

スポンサーリンク

45歳定年制導入を コロナ後の変革で―サントリー新浪氏

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。

今の終身雇用制度のもとでは45歳は賃金が上昇トレンドの年齢なので、45歳で首を切れば会社としては人件費が相当下げることが可能になりそう。

ただ45歳定年制にするのなら、給与制度を抜本的に変える必要があります。

ありえないことですが生涯賃金を60歳定年と45歳定年で同じくするなら、本来だったら45歳から60歳までに得ることができるであろう賃金を22歳から45歳に振り分けることになるので、給料は今の倍以上とかにならなければおかしいよね。

45歳で定年を迎えてその後年金をもらうことができる65歳までの20年間の生活費を22歳から45歳の間に稼ぐ必要が出てくるわけで、23年間で最低20年間の生活費を稼ぐのは相当大変なことでしょう。多くの人は45歳で定年退職してその後はバイトなどの低賃金労働をすることになるでしょうね。

深いことを考えずに目立ちたい一心で45歳定年制導入を口にしたと思いますが、はっきり言って説得力に欠けますね。

なぜなら、45歳定年制導入を口にしたのが62歳のおっさんだからです。

新浪さんは雇われ社長プロ経営者ということで、業績が悪くなれば真っ先にクビでしょうからいろいろ必死にならざるを得ないのでしょう。

せっかく45歳定年制導入を口にしたのですから、自身が社長をしているサントリーで導入してみてはいかがでしょうか?

初任給1000万円とかだったら優秀な学生が応募に殺到すると思いますよ。

そういえば新浪さんがかつて社長をしていたローソンが、中国で4000店舗突破したとのことです。
中国のロ―ソン店舗数が4,000店舗を突破

追記
よくよく考えたら、私は定年の年齢でしたwww

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント