ビルメンが役に立つ瞬間

スポンサーリンク

トイレ修理で高額詐欺 水道工事社長を逮捕

トイレの修理代名目で高額な料金をだまし取ったとして、水道工事会社の社長の男が逮捕された。去年1年で約7900件を契約し、売り上げは6億円以上にのぼるとみられている。

ちょっと前にボッタクリ価格で水道やトイレなどの修理していた業者の社長が逮捕されました。

蛇口を締めても水が止まらないとかトイレが詰まったなどの水のトラブルは、焦りますよね。

冷蔵庫によくあるマグネット広告を貼り付けていると、もし何らかの水のトラブルが起きた時には電話したくなると思います。

全てではないと思うけど、水のトラブルに関するマグネット広告の業者はボッタクリ業者が多いと聞きます。

一人暮らしの私の叔母は水のトラブルで業界大手と言われているマグネット広告の業者に頼んだら、えらい金額を払ったといっていました。あまりに高額だったので叔母の息子(私の従兄弟)には言えないなぁと言っていました。

では水のトラブルが発生したらどうすればいいか。

まずはトラブルの状況を把握して元栓を閉めましょう。ブレーカーと元栓の場所は覚えておくことが重要です。

元栓を閉めれば水は止まるので、トラブルを自分で対応できるか判断します。

webサイトやYoutubeなどで手順を紹介しているので、自分でできると思ったら試してみるのもありと思います。

ただし少しでも不安に思ったら自分で対応するのではなく、プロに任せたほうがいいでしょう。

上下水道に関するトラブルでしたら、自治体の指定業者に頼めばOKです。自治体のHPを参照するか電話すれば教えてくれるでしょう。自分で修理するよりは高くなりますが、指定業者がボッタクリ価格ということはないと思われるので。私の住んでいる自治体ですと自治体のHPから水道局のリンクが貼ってあり、水道局のHPから水のトラブルの対応方法が記載されていました。指定業者の連絡先の記載も確認することができました。

トイレに関するトラブルでしたら、ダメ元で自治体の指定業者に相談してみるかメーカーに修理依頼すればいいと思います。あとはホームセンターで対応してくれる店舗もあるでしょう。

私はビルメンの仕事で対応してきたので自分でできることに関しては対応しています。具体的には部品の交換や増し締め等で対応できる場合です。蛇口のトラップの交換くらいだったら私でもできるので。

ただ自宅では経験ありませんが、トイレの故障に関しては業者にお願いすると思います。とくに便器の交換を要する場合には間違いなく業者任せです。

ビルメンでの経験によりちょっとした修理だったら対応できるようになったので、低賃金のビルメンですが役に立つこともあるのです。

最後にたとえトラブルが発生しても焦って安易にマグネット広告に電話するのではなく、自分自身を落ち着かせてから冷静に行動に移すようにしましょう。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

ビルメン
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント