よく考えたリストラ

スポンサーリンク

損保ジャパン、4000人削減=ITで効率化、介護分野などに配転

損害保険ジャパン日本興亜が2020年度末までに、従業員数を17年度比で4000人程度減らす方針であることが24日、分かった。全体の約15%に相当する。ITを活用し、業務の効率化を進める。余った従業員は介護などを手掛けるグループ企業に配置転換し、新卒採用も抑える。希望退職者の募集は予定していない。

従業員を15%も減らすということは、いかに無駄な業務が多いかということでしょう。

今回の人員削減はよく考えられていて、4000人減らすのに希望退職を募集しないことが凄いと思いました。

介護業界へ片道切符を渡せば勝手にやめていくから、希望退職に付きものの割増退職金を払う必要がないということ。しかも自己都合退職になるだろうから、退職金も会社都合退職に比べて減らすことができるのです。

4000人が阿鼻叫喚するのか。4000人も介護に配置転換させれば、1人くらいは何らかのトラブルで事件が起こりそうな気がします。

他社においても、リストラする際に今回のような手法を使うようになるのではと思っています。

高給取りの損保業界だったら、リストラされる頃にはそれなりの資産を構築しているでしょうから、特に問題はないと思います(棒読み)。

avatar

損保業界は先細りだから大規模リストラが今後もありそう

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント