「億り人」は生命保険や医療保険に入らないらしい

スポンサーリンク

「億り人」が生命保険や医療保険に入らない理由

前節でもお話ししたように保険はとても大事なものではありますが、その目的は自分の蓄えでは到底まかなえないような巨額の出費が起きた場合のリスクに備えるものです。逆に言えば自分の蓄えでまかなえるのであれば保険に入る必要はないのです。

日本は国民皆保険制度なので、病気になっても保険診療であれば3割負担で済みます。さらに高額療養費制度が1ヶ月で支払う医療費は上限があります。さらに不幸にも難病を患ってしまえば支払う医療費はさらに下がります。

ですから生命保険や医療保険に入る前に国の医療制度を調べてからの方がいいと思います。

もし病気になっても資産があれば民間の保険に加入する必要性はないし、資産がないのであればなおさら必要ないです。毎月の保険料の支払いのために家計を圧迫していては本末転倒です。

そもそも生命保険や医療保険でもとを取るのは大変なことで、プラス収支にするには相当な大病か保険金詐欺をするくらいしか方法はないのでは?

私は潰瘍性大腸炎で大腸全摘までしてやっとプラス収支になりました。この件に関しては過去にブログを書いています。
県民共済での損得を計算してみた

私は県民共済に入っているので保険の加入に関してはあまり偉そうなことは言えませんが、前述の通りいろいろ調べてから加入するかは検討したほうがいいでしょうね。国の医療制度をフル活用すれば必ずしも生命保険や医療保険に入る必要性はないと思われるので。

過去に生命保険会社の中で仕事をしていたことがありますが、高給取りのこいつらの給料のために保険料を払うのはアホらしいなって思っていましたw

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント