種球用のエシャレットの収穫

スポンサーリンク

3月から4月にかけて収穫しながら食べていたエシャレットですが、20株程度を来季用の種球として育て続けました。
葉が枯れ始めて来たので収穫しました。

予想以上に立派に育ってくれたエシャレット

梅雨の合間の晴れた日に収穫しました。

エシャレットを最後に収穫してから2ヶ月以上経っていてどの程度大きくなったかと思いましたが、いい意味で予想以上に立派に育ってくれました。
種球の大きさは食べ頃サイズの2倍はありました。

今から来季のエシャレット栽培が楽しみ

葉を切り落とし根を1cmくらい残して切りました。

種球は180個くらいありました。
日陰で干して来季に備えます。
一昨年に買った種球や去年の種球以上に素晴らしい種球ができたので来季のエシャレット栽培が今から楽しみになりました。

エシャレット農家もいいなと思ったけど・・・

これだけ立派な種球を見てエシャレット農家もいいなと一瞬だけ思いましたが、ビジネス的には難しい気がします。
栽培期間が長いからです。
9月に播種して収穫は3月から4月なので、畑が空くのが5月から8月しかないからです。さらに種球を作るとなると6月までは畑が空きません。
夏野菜とエシャレットで回転させればワンチャンあるかもとは思いましたが、稼ぐレベルは無理かなぁと思います。
ただエシャレットは栽培自体は非常に簡単なので、楽して小遣い程度を稼げればというのならありかもです。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

家庭菜園
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント