現場の立ち上げで関わった人が休職だって

スポンサーリンク

私は今の会社に入社し配属されたのは新たに立ち上げた現場でした。

立ち上げから3ヶ月位一緒に仕事をした社員が休職したという話を耳にしました。
耳にしたという表現にしたのは公とは別ルートから情報だからです。
口が軽い同僚が偶然知ってしまったのが運の尽きでしたw

休職が公にならなかったのは休職の理由にあるらしい。
仕事上の理由でメンタルが病んでしまいました。
仕事上の悩みを上司がフォローしてあげなかったため次第にメンタルが病んでしまったのです。

とりあえず1ヶ月程度様子を見るとのことですが、最終的には退職することになるでしょう。
ところが上司は何としてでも復職させようとしています。
部下の退職により上司の評価が下がってしまうからです。
ただ評価云々以前にその上司は無能ですw

でも復職しても戦力にはならないと思います。
立ち上げから3年くらい経ちますが、全く成長していないからです。

ここまで書いてきて思ったのが上司の無能ぶりですね。
部下を育てることができないだけではなくフォローをしなかった結果、部下を休職に追い込ませたので。

私は趣味転職と言えるくらいに転職を繰り返してきました。
どの職場においても必ず1人はすごく仕事ができる人がいました。
ところが今の職場にはすごく仕事ができる人が1人もいません。
しかも他の現場からヤバい話が伝わってきます。
転職をする毎にヤバい会社しか転職できなくなりましたw

私はメンタルを病んで仕事をやめたことはありません。
病む前の仕事が嫌な状況になった時点で退職してしまうからです。
新卒で入社した会社を退職した時点で1つの会社で長く勤めてキャリアを積んでいこうという発想はなくなったので、私にとっては退職というのは決断を要するようなことではなくなりました。
実際に何度かムカつく奴がいるからという理由で退職しています。
退職の旨を上司に話す時も家庭の事情なんて嘘をつかずに「アイツがムカつくから退職します」と伝えます。

バイトでも投資でも法に触れない方法で資産を増やして最終的にリタイアできればそれでOKです。
まぁ会社は従業員を助けてくれないものと考え割り切って仕事をした方がいいです。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

仕事関係
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント