四季報で保有株式の評価を見てみた(2023年9月更新)

スポンサーリンク

前回(2023年6月)更新分
四季報で保有株式の評価を見てみた(2023年6月更新)

HYPER SBIで四季報が更新されていたので、保有株式がどう評価されているのか見てみました。ETFとREITは評価されていないので個別銘柄のみの評価です。
評価を3つの区分に分け、◯(最高益や続伸)・△(プラス評価)・✕(横ばいやマイナス評価)としました。

評価一覧

◯評価

MonotaRO、日本特殊陶業、アマノ、トヨタ自動車、SPK、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほリース、オリックス、NTT

△評価

JT、ビックカメラ、ニチリン、東洋製罐グループホールディングス、エレコム、三菱商事、イオンFS、JPX

✕評価

TOKAI HD、セブン銀行、電源開発

まとめ

前回と比べるとあまり変わらない感じです。
トヨタは△と迷いましたが世界販売が過去最高ということで迷いながらも◯にしました。
全体的に見れば好調といえる気がしますが、唯一気になるのが当ブログ保有株式評価◯の常連であるMonotaRoの株価が冴えないことくらいでしょうかね。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

資産運用
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント