内定辞退セット使って何が悪い?

スポンサーリンク

内定辞退セットに賛否両論 心のこもった「就活謎マナー」が企業にとっても大迷惑な理由

法務関連書籍の出版社「日本法令」が発売した「内定辞退セット」が就活生の間で爆発的に売れている。これは、例文に便箋を重ねて写経のようになぞるだけで内定辞退の手紙が完成してしまうキットと、内定辞退の方法とマナーを解説したセミナー動画(Webコンテンツ)がセットになったもので、初版の5000部は完売したという。

新卒の時は就活が面倒に思っていたので、最初に内定を出してくれた会社に入社しました。そのため内定が複数出た訳ではないので、内定辞退をすることはありませんでした。ここ数年は超売り手市場ということで、複数内定が出ている学生が多いと思います。

複数内定が出た場合は1つに絞る必要があるので、内定先の企業に内定辞退を伝える必要が出てきます。その際に内定辞退セットを使うのでしょう。詳細は分かりませんが、便理な感じはしますね。何も考えずに手紙がかけるし。あと動画で内定辞退の方法が分かるのもいいかもしれません。

内定辞退セットなんか使うことは相手に対して失礼だろと思う人がいるかもしれませんが、企業側が採用試験に不合格者に対して連絡をしないこともありますし、どこかのサイトのコピペとしか思えない「お祈りメール」で済ませる企業が大多数です。

就活に関しては「内定辞退セット」より問題になるのが、リンク先に罹れている「就活謎マナー」だと思います。2019年5月に日経産業新聞に掲載されたコラムが就活の謎マナーとして盛り上がりました。

都内私立大学で開催された「内定獲得後のマナーセミナー」の様子を紹介していたのだが、そこで指導されていた内容が「自分を選んでくれた企業に感謝の心を持ちましょう」「メールの送りっぱなしや電話で完結してはダメ。必ずその企業に足を運ぶことが重要」といったものであった。特に「企業に直接出向く」という行為に対して、就活生のみならず社会人まで違和感を持つ声が多く挙がったのだ。

この手の謎マナーは、マナー講師が飯を食うために勝手に考えたものです。入社するわけでもない企業に足を運んで内定を辞退することなんて、アホの極みです。別に電話1本で内定を辞退してもいいし、どこかのサイトのコピペの手紙でも全く問題ないと思います。

企業側も内定辞退した人と顔を合わせるのは時間の無駄でしょう。マナー講師は求職者のことも企業のことも考えておらず、あくまで自分のことしか考えていないのでしょう。極論ですが、マナー講師は飯を食うために求職者や企業に迷惑をかける生き物なのでしょう。

マナー講師の非常識なマナーは迷惑ですが、就活のためにマナー講師に依頼する大学側にも問題があるでしょう。ちなみに前述したマナーセミナーは学習院大学で行われたもので、下記リンク先を読んでみることをおすすめします。
内定辞退「直接会って、まず感謝」記事が賛否両論~正しい方法は?

私もこれから就活をするので、マナーセミナーを受けてみるかwww

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント