夜寝る時の快適温度がようやく判明しました

スポンサーリンク

夏になってしばらくは窓を開けて寝れば大丈夫だったのですが、熱帯夜になった頃からは窓を開けていたら暑くて眠れなくなりました。

次に試したのが扇風機をタイマーでつけて寝ることでした。
風に当たったまま寝ていると目覚めの時に何となくだるい気がしました。

最終的に行き着いたのが言うまでもなくエアコンをつけて寝ることでした。
エアコンをつけることにより蒸し暑さが解消されました。
しかしよく眠れたなぁとは思えませんでした。
寝るときはいいのですが途中で寒くなって消してました。

エアコンをつけることにより蒸し暑さが解消されたので設定温度を調整すればどうにかなりそう。
寝るときはちょうどいいのですがしばらくして寒くなって消すことになるのが問題です。
ですからエアコンをつけて数時間後に設定温度が自動で1℃上がるみたいなことができればいいのですが、使っているエアコンにそんな機能はありません。
理想は寝る時は26℃設定で3時間後に27℃設定です。

最終的に落ち着いたのが「27℃設定+寝始めの2時間は扇風機弱を脚元に向ける」です。
寝始めに27℃設定は多少暑いのですが弱で扇風機を脚元に当てることにより体感温度を少し下げることができている気がします。
この設定をはじめてからはトイレ以外の暑い寒いで目が覚めることがなくなりました。

もっと早くに快適温度に気づいていればよかったなぁ~

PS
SwitchBotを使えば上記の問題を解決できるのではと今日のブログを書きながら思ったりした。

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント