遠近両用メガネってどうなの?

スポンサーリンク

私はもともと近眼で視力が0.1未満ということもありメガネが手放せません。
メガネをすることにより視力に対する不便さを解消することができています。

しかしここ数年で状況が変わってきました。
おそらく老眼だと思うのですが、メガネをしていると近くのものが見えなくなりました。
例えば新聞を読んだり書類を作成したりする時などです。
メガネを外せば近くのものははっきり見えます。

老眼は近くのものが見えなくなるから老眼鏡をかければOKと思っていましたが、近眼の人がなる老眼というものは別物なのでしょうかね?

近眼でメガネを外すと近くのものが見える場合に必要となるのは遠近両用メガネってことでいいのですかね?
上半分が近眼用で下半分が度なしみたいなレンズがあれば近くも遠くも見えると思ったのですが。

メガネを外せば済む問題ではありますが、事あるごとにメガネを外すのがかったるく感じる今日このごろです。

クリックお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント

  1. 通行人 より:

    コロンさんが仰る通り、遠近両用眼鏡を使う事になります。レンズの上半分が通常用、下半分が老眼用といった感じです。以前眼鏡屋さんに質問したところ「目を上下させて切り替えないといけないので目がかなり疲れる」と言っていました。

    • コロン より:

      通行人さん

      コメントありがとうございます。
      やはり遠近両用メガネなんですね。
      メガネを外せば細かな文字を読むことができますが、頻繁にメガネを外す状況になると面倒です。
      費用にもよりますが遠近両用メガネを検討した方がよさそうですね。