記者会見でのくだらない質問を防ぐために・・・

スポンサーリンク

厚底シューズの質問をシャットアウト 大迫「答えなくていいということだったので…」

靴について問われた大迫は「(記者会見のルールは)東京マラソン以外のことは答えなくていいということだったので。みんな選手は同じ(考え)だと思う」と代表して回答を避けた。

記者会見って予めNG項目があったりするけど、記者は気にせず質問をすることがあるよね。もしかしたら答えてくれるかもと思って。

あと本当にどうでもいいようなくだらない質問をする記者もいますね。例えば陸上の会見なのに恋愛ネタを振ろうとしたり。

くだらない質問をするア●記者の存在を消し去るために、記者側にもカメラを向けておき、質問をする際には会社名と氏名を名乗るようにする。そして記者会見の内容を多くの人が自由に見ることができるようにする。

質問する側は会社名や氏名を名乗ることはあっても、顔が出ることはありません。会社名や氏名に加えて顔が出るようになれば、多少の抑止効果はあるのではと思います。

くだらない質問に対して素っ気ない対応をされると、質問をした側が悪意を持った記事にする可能性があるので、対応に気を付けなければならないのは気の毒ですね。

菅官房長官はそれが仕事とはいえ、毎日2回の記者会見をこなすのは凄いと思いますね。某新聞社の女性記者の連日のピントのズレた質問にも答えている訳で。

永遠に記者会見をすることがないであろう私には無縁なことだw

クリックお願いいたします。
にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

雑談
スポンサーリンク
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント