報連相のできない30代男に呆れるアラフィフ

スポンサーリンク

昨日早番で仕事に行ったときのことでした。

職場のテーブルに書き置きがありました。書き置きに書いてあったのは大ざっぱに言うと以下の感じです。
「やらかしてしまったので対応しておいてください」

内容を確認したところ営業開始の1時間後までに間に合うか微妙なところでした。
とりあえず本来やるべきことを後回しにしてリカバリーしました。

結果的にはギリ間に合いました。

で、やらかした当事者ですが遅番ということでノコノコと出勤してきました。
出勤時に顔を合わせてもやらかしたことに関しては何も言わず。

昼礼時に前日の引き継ぐことはあるか責任者が言ったところ当事者が昨日のやらかしについて謝罪をしました。

今の職場の人は私も含めてやらかしたことに関しては厳しく注意するということはしません。
誰でもやらかすから気をつければいいよみたいな感じです。

ここで私がひとこと言いました。
「やらかすのは仕方ないけどそのままにしないで誰にでもいいから相談して」

以前の私だったら「社員なんだからもっとちゃんと仕事をしろよ」くらい言っていましたが、今は週3パートの身分なので自分に影響が及ばない限りは特に何も言いません。
まぁ今回は朝一でバタバタしたのでひとこと言いましたが。

当事者は今年入社した30代男ですが、10年以上社会人やっているのに報連相ができないのにはちょっと呆れました。

低賃金の会社にはそれなりの人材しか集まりませんね。

クリックお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ

仕事関係
スポンサーリンク
シェアする
コロンをフォローする
スポンサーリンク
難病投資家

コメント

  1. ううい より:

    そんなこといってしまったらこれ幸いとあんたに夜中に電話かかりまくりになってしまいやしないか?

    • コロン より:

      うういさん

      私は最底辺なので夜中に電話がかかってくることはありません(キリッ